給湯器の水漏れトラブルは街で評判の水道修理業者へ相談

本体の中で温められたお湯が出てくる給湯器は寒い季節に助かるものです。中はとても複雑な仕組みになっていて、使い続けていると水のトラブルが起こることもあります。給湯器にはどんな水トラブルが起こりやすいのでしょうか。

■給湯器の水漏れは何が原因なのか

給湯器 水漏れトラブルの多くは、本体の下の部分から水が漏れたり、配管のホース部分から漏れたりすることです。水漏れの原因のほとんどは、本体の内部に使われている安全弁や逃し弁、そのほかゴムパッキンの劣化によって起こることが分かっています。
目の前でポタポタと水が漏れているとき、評判のいい水道修理業者に連絡をいれるのが一般的ですが、その前に一度止水栓を締めてみてください。少し経ってから水を流したときに水が止まったなら水の流れる量が多かっただけなので大きなトラブルではありませんが、水が止まらない場合は修理が必要な状況と判断できます。

■どのぐらいで給湯器は壊れるのか

給湯器 水漏れは専門的な知識だけでなく専門の技術も必要になるため、素人が勝手に修理をしてはいけません。評判のいい水道業者に連絡を入れて修理をしてもらいましょう。ここで気になるのが給湯器の寿命です。一般的に給湯器の寿命は10年から15年と言われています。購入してからそのぐらいの年月が経っているなら近いうちに故障する可能性もあります。理想は故障をする前に買い替えることです。給湯器本体の交換も素人がやってはいけないので、必ず専門業者に交換を依頼してください。

■まとめ
給湯器はただ水が出てくる機器ではありません。ガスによって温められたお湯が出てきます。故障すれば寒い季節にお湯が使えなくなってしまいますので、少しでも調子が悪いと気づいたときは早めに専門業者に相談してください。くれぐれも素人が本体を修理したり交換するようなことは止めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ